総量規制を意識して銀行系カードローンを利用したときの体験談

すでに知っている人は多いと思いますが、現在カードローンを利用する時には「総量規制」の影響を考慮する必要があります。銀行法によって管理されているカードローンを利用する場合には関係は薄くなりますが、それでもこの規制の影響を加味して融資上限金額が決定されることは間違いない為、銀行系カードローン・消費者金融系カードローンのいずれを利用する場合でも意識しておくに越したことは無いでしょう。
5万借りる方法などは調べてみると良いでしょう。
私は、すでに複数の借入れをしている状態でしたが、総量規制の上限までは幾ばくかの余力がある状況でした。しかし、わずかな猶予に賭けて消費者金融系カードローンに申し込むことは可能性が低いのではないかと考え、銀行系カードローンであれば上限以上の借入れが出来るかもしれないという一応の可能性に期待を込めて申し込みをしました。

結論から言うと、規制の上限を少しだけ超える金額で融資してもらうことが出来たわけですが、実際に審査を受けてみた感想としては「思ったよりも難しくはなかった」と言う印象を受けました。

人によって審査結果は異なるとは言え、私はそれほど状況が良い訳では無かったにもかかわらず融資を受けることが出来た訳ですので、一般的な印象よりも審査基準は高くは無いのではないかと思いました。特に年収が高くて借り入れがあると言う人の場合、より返済が簡単になる方法で借り換えを含めた対応をすることには大きなメリットがあります。負担を感じているのであれば、ダメ元でも審査を受けてみれば良いのではないかと思います。

Espinosa