総量規制対象外のカードローンの条件とは?

総量規制というのは貸金業法で定められた規制で、年収の3分の1を超える借り入れを原則的に禁止している規定です。この定めにより、お金を借りる際には収入があることが求められるため、専業主婦の人などが借入れを行うことが困難になりました。またすでに高額の借り入れをしている人が、返済などのために新たに借入れすることもかなり難しくなっています。
ただし総量規制対象外のローンが存在しないわけではありません。一定の条件をクリアしていれば、総量規制対象外となるカードローンもあるのです。そもそも総量規制は借主を保護することを目的としています。この法律の趣旨を満たしている場合は、総量規制対象外とみなされるのです。
たとえばおまとめローンは利用者にとってメリットが多いので、総量規制対象外となります。また高額医療費を捻出するためのローンも利用者の利益となるという条件を満たしているので、総量規制の対象から外れます。同じように住宅ローンやマイカーローンも法律上の条件を満たしているので、総量規制対象外です。ただしこれらのローンの利用に関しては金融機関側で借入総額と年収の関係について独自の条件を設けていたりするので、必ずしも利用できるわけではありません。
また法律の性質上、総量規制の対象外となるカードローンもあります。それは銀行のカードローンです。銀行は銀行法の対象であり、貸金業法とは関係ないので総量規制も及ばないのです。ただし専業主婦が利用する場合は配偶者の与信が必要になります。

Espinosa